東京・足立区の社会保険労務士・行政書士事務所です。

社会保険労務士・行政書士 今井まさみ事務所

健康経営の取組支援Business Outline

「健康経営」とは、従業員の健康を重要な経営資源と捉え、健康促進に積極的に取り組む企業経営スタイルです。従業員の健康増進や労働衛生等の取組にかかる経費をコストではなく投資として考え、その取組が従業員の活力や組織の活性化を生み、ひいては生産性の向上、企業価値の向上に繋がることが期待されています。

具体的には、以下の取組みを支援いたします。

・協会けんぽ東京支部・健保連東京連合会の健康優良企業「銀」・「金」の認定
・経済産業省健康経営優良法人(中小規模法人)の認定

 

健康経営の取組

1.健康経営の考え方

(1)従業員等の健康増進・労働衛生等の取り組みにかかる費用をコストではなく、投資としてとらえる。

(2)企業が従業員等の健康に配慮することによって、経営面においても大きな成果が期待できるとの基盤に立って、健康管理を経営的な視点から考え戦略的に実践する。

 

健康経営への投資に対するリターン(「投資<リターン」)

(1)投資

①人件費(スタッフ等)、②設備費(施設整備・健康器具購入等)③健康指導等利用費

(2)リターン

①生産性の向上(腰痛、頭痛、不眠、不安感など目に見えない体調不良の解消、欠勤率の低下など)
②医療コストの削減(長期的な医療費抑制、事故労災リスクの低減など)
③モチベーションの向上(コンプライアンス意識や帰属意識の向上など)
④リクルート効果(優秀な人材の確保や定着率の向上など)
⑤企業イメージのアップ(企業価値の向上、株価上昇など)

(※ジョンソン&ジョンソングループ研究資料等より)

 

取組方法について

(1)健康優良企業「銀」の申請(STEP1)

①準備(健診状況や職場環境整備などをチェックシートで確認)
制度の把握、取組内容の確認、現状把握、目標・計画、従業員への説明
②宣言(ホームページ等への掲載)
申込、宣言の証、社内外への公表
③取組(チェックシート項目内容の取組:取組期間6ヵ月程度)
全社的な取組、継続的な取組、添付資料の準備
④認定(ホームページ等への掲載)
申請、認定証、ロゴマーク、社内外への公表

※健康優良企業「銀」の認定取得後のステップアップ

(2)健康優良企業「金」の申請(STEP2)

(3)経済産業省健康経営優良法人(中小規模法人)の申請

 

取組のメリット

「健康優良企業」として認証されると、提携金融機関の低金利融資や自治体の公共調達における加点等の優遇措置があります。

 

 

 

 

お気軽にお問合せください

03-6807-1958

メールでのご相談はこちら

受付時間:9:00~17:00
定休日:日・祝・年末年始

業務内容

一覧を見る

新着情報2022.06.21

雇保制度のあり方検討――厚労省

厚生労働省は、学識経験者をメンバーとする「雇用保険制度研究会」(座長・山川隆一東大大学院教授)を設置し、雇用保険制度の中長期的な設計・運用の方向性について検討を開始した。財政安定化に向けた機動的な国庫負担の導入などを盛り …

続きを読む

当事務所のご案内

社会保険労務士・行政書士 今井まさみ事務所

労務・人事・廃棄物処理でお困りの際は当事務所にお任せください。

所在地

〒123-0841
東京都足立区西新井3-5-1-310

電話:03-6807-1958 FAX:03-6807-1958