東京・足立区の社会保険労務士・行政書士事務所です。

社会保険労務士・行政書士 今井まさみ事務所

コラムColumn

復興と震災遺構

2019/03/08

東日本大震災の発災から8年、被災した鉄道路線の再開や災害公営住宅の建設、そして新しい街並みなど被災地の復興状況がテレビに映し出されます。
こうした中、被災当時の建物等を震災遺構として後世に残す自治体もあります。その姿は「3.11」の津波の疫災を生々しく伝えます。津波の教訓を胸に刻む場所として残すべきという意見と、津波を思い出したくないので解体すべきという意見。どちらも住民の切実な思いです。
これからは新たな地域コミュニティの形成が重要になるのかも知れません。

自分の居場所

2019/02/13

2月は小笠原諸島では、数多くのザトウクジラの姿を見ることが出来るシーズンです。
10メートルを超える体長で、ジャンプする姿は迫力があります。北極海から数千キロの道程を泳いで子育てのために来ます。クジラやイルカなどの鯨類は哺乳類であり、進化の過程で自分の生きる場所(居場所)を求めて、陸上生活から再び海に戻った種です。水辺に生息していた小獣が、海への適応進化を遂げて大きくなったと言われています。大海原が鯨類にとって大きな体を維持できる快適な居場所となり得たのでしょう。

しかし、昨年、神奈川県の海岸にシロナガスクジラの赤ちゃんの死体が打ち上げられたニュースがありました。胃袋からは沢山のプラスチックごみが出てきたそうです。

鯨類の生活場所である海も、海水温の上昇や海洋プラスチックごみなどにより快適な居場所ではなくなってきているのかも知れません。

イノベーション

2019/01/07

「イノベーション」という言葉を広辞苑で引くと「①刷新。革新。新機軸。②生産技術の革新、新商品の開発など‥」の説明があります。現在では、AIによるロボット開発や車の自動運転などニュース等で普通に使われており、働き方改革を語る上でも、労働生産性の向上というフレーズの中でこの言葉がよく出てきます。

仕事や生活の中でイノベーションを実感することはそれ程多くありませんが、自分が「これはイノベーションだ」と感じる機会がありました。現在、地元農家の土地を借りて、栽培指導を受けながら野菜を育てていますが、その中にブロッコリーとカリフラワーを掛け合わせた「ロマネスコ」という野菜を見た時です。以前からあるそうですが、スーパーなどでも余り見かけない野菜であるため、最初の感想は見た目(視覚)の斬新さで、次に収穫時の手触り(触覚)や匂い(嗅覚)、そして食べた時の味(味覚)と全てが興味と驚きでした。得体の知れないこの野菜の正体について、自分の五感を駆使し「何者なのか」を把握することに努めた次第です。

新しい「物」や「仕組み」は次々に出現していますが、利用・使用する人がそれに興味を持ち、社会に必要とされるものとなって「これはイノベーションだ」と思われるのかも知れません。

海ごみと海ガメ

2018/12/12

海洋プラスチックごみ(以下「プラごみ」)が様々なところで話題になっています。
プラスチックストローを海ガメの鼻から引き抜く映像が衝撃的だったため、ストローをプラスチック製から紙製などに代える外食店やコーヒーショップ、コンビニが出てきています。

プラごみは、レジ袋やペットボトルから漁網まで様々です。海ガメの好物はクラゲで海洋を漂う姿がレジ袋と似ているため、海ガメやクジラなどの海洋生物が摂取すると消化出来ず、栄養が取れなくなり病気の原因になったりします。

さらに問題となっているのは、プラごみが紫外線や波で壊れ小さくなったマイクロプラスチック(およそ5ミリ以下)です。
マイクロプラスチックは、プランクトンなど小さな生物に取り込まれ、それを魚が食べ、食物連鎖で人体からも検出されているというデータも出ています。

脱プラスチックの動きは世界で急速に広がっております。
日本では今までも、容器包装リサイクル法などプラスチック製品のリサイクル制度はありましたが、さらにレジ袋を有料にする法制化が検討されております。

軽く、丈夫で便利なプラスチック製品の使用抑制は、生活様式を見直す契機になるとともに、その原料は石油や石炭、天然ガスなどの化石資源であるため、地球温暖化の抑制にも繋がります。

晩秋の山々

2018/11/08

秋も深まり、本州の山々は紅葉シーズンですが、北海道や東北の山々からは雪の便りも聞こえます。
今は、冬ごもりする前の静寂なシーズンです。

そんな山々の一つである南アルプスの山中に、焼却灰や生ごみが放置されていたとの新聞記事に目が留まりました。付近の山小屋から排出されたもので、廃棄物処理法の不法投棄の疑いもあるとのこと。
山小屋は登山者にとって大切な休憩・宿泊所であり、緊急時の避難所でもあります。アクセスが困難で近くに処理施設のない山での廃棄物処理は大変で、経費も掛かると思いますが、自然公園法でも自然環境の保護と快適で適正な利用の推進がうたわれており、廃棄物の適正処理は重要になります。

自然災害と災害廃棄物処理

2018/10/15

大阪北部地震、西日本豪雨、北海道地震、台風21、24、25号……

今年は大規模な自然災害が相次いで日本列島を襲っております。幸いにも東京には大きな被害をもたらしていませんが、今から5年前の2013年10月16日、都心から約120㎞南に位置する伊豆大島(東京都大島町)では、台風豪雨に伴う大規模な土石流により、死者35名、行方不明者4名、被害家屋80余戸という甚大な被害が発生しました。

自然災害発生後の初動対応として、先ずは人命救助、電気・水道・ガスなどのライフラインの復旧ですが、復興の最初の段階で「災害廃棄物」の処理が必要になります。災害廃棄物は廃棄物処理法では一般廃棄物として区分されますので、その処理責任は地元自治体の区市町村にありますが、自然災害では一度に大量の災害廃棄物が発生します。東京都の災害廃棄物処理計画では、東京湾北部に大地震が発生した場合の災害廃棄物の量を4047万トンと推計しており、この量は23区自治体で処理するごみ量の約15年分にあたります。さらに自治体の処理施設では処理が困難なコンクリートがらや廃自動車、廃家電等も処理しなければなりません。

これらの災害廃棄物を適正に迅速に、かつ出来るだけ資源化して処理するには、一般廃棄物や産業廃棄物の収集・運搬、処理事業者の力が必要になります。

このため国は災害対策基本法で、自治体からの委託を受けて災害廃棄物処理を行う事業者の許可を不要としたり、廃棄物処理法で災害時において産業廃棄物処理施設が許可ではなく届出により一般廃棄物である災害廃棄物を処理できる規程や再委託を可能とする規定を定めています。

廃棄物

2018/09/18

災害ごみと海ごみ

9月15日より廃棄物処理業関係を中心に行政書士の業務を始めました。

廃棄物(ごみ)は人が生活して行くうえで、また企業が活動して行くうえで必ず排出されるものです。
生活ごみは排出者である住民が、定められた日にごみと資源に分別して排出し、地元の自治体(区市町村)が定期的に収集し、処理します。
事業系のごみは、排出者である会社が排出される廃棄物の量や性状により、処理業の許可(一般廃棄物・産業廃棄物)を持った処理業者への委託や自治体へ処理手数料を支払い処理をするのが一般的です。

最近、廃棄物の報道等でよく出てくるのが、「災害ごみ」と「海ごみ」です。
資源化できるものは資源化し、適正かつ迅速に処理をしないと、生活環境や自然環境、さらには生態系に大きな影響を与えます。

高山植物

2018/08/23

 

(写真左:白馬の雪渓とチングルマ、写真右:劔岳のイワギキョウ)

夏山シーズンもそろそろ終わり。
暑い登山の途中、疲れた体と心を癒してくれるのは高山植物の花です。
ひと夏の短い間に、様々な種類の花が咲きます。
なかなか花の名前を覚えることはできませんが、途中に咲いていた高山植物の花の姿は記憶に残ります。

硫黄島と南硫黄島

2018/08/06

(写真:左 硫黄島:米軍が上陸した海岸と激戦地すり鉢山、写真中:太平洋に昇る朝日、写真右:南硫黄島:原生自然環境保全区域)

8月15日は太平洋戦争の終戦記念日。
硫黄島は都心から約1,250㎞離れた太平洋上の島で、映画「硫黄島からの手紙」で描かれたように、日米の戦死者約2万5千人の激戦地でした。東京都小笠原村に属しますが、今は自衛隊の基地として、一般人の立ち入りは遺骨収集や村民の墓参に限られており、世界自然遺産地域からも除かれています。

また、母島で内地への搬送が必要な緊急患者が出た場合、硫黄島からヘリコプターが飛来し、硫黄島で患者を自衛隊機に載せ替え、内地へ搬送されます。

南硫黄島は硫黄島からさらに約50㎞南に位置しています。
世界自然遺産地域に含まれていますが、自然環境保全法に基づく原生自然環境保全区域として全域が立入制限区域となっており、やはり上陸が制限されています。原生自然環境保全区域は、人間による環境への影響が少なく原始の自然が残されている地域で、南硫黄島ではこれまで環境省や東京都などによる学術調査が数回行われ、貴重な生態系の存在が確認されています。

旬(夏野菜)

2018/07/17

(写真左:ミニトマト 写真中:ピーマン 写真右:なす)

夏は野菜や魚貝類など旬を迎える食べ物が多くあります。
特に野菜類はトマト、ピーマン、ナス、キュウリ、トウモロコシなど彩りが鮮やかです。
この彩りは、食欲をそそるとともに、その野菜の栄養価が高いことを示すものでもあります。今ではビニールハウス等での栽培により、1年中様々な種類の野菜が店頭に並び、その季節感は薄らいできていますが、旬のものには独特の「香 り」があります。

また、大量に出荷される時期でもあり、値段も安価です。旬の野菜を沢山食べて、今年の暑い夏を過ごしたいものです。

2 / 3123

お気軽にお問合せください

03-6807-1958

メールでのご相談はこちら

受付時間:9:00~17:00
定休日:日・祝・年末年始

業務内容

一覧を見る

新着情報2020.01.21

パワハラを「出来事」に追加・労災認定見直しへ――厚労省

厚生労働省は、精神障害に対する労災認定基準の見直しに着手した。令和元年6月にパワーハラスメント対策が法制化されたため、パワハラに基づく労災認定のあり方を検討する。現在、労災認定に用いている「業務による心理的負荷評価表」に …

続きを読む

当事務所のご案内

社会保険労務士・行政書士 今井まさみ事務所

労務・人事・廃棄物処理でお困りの際は当事務所にお任せください。

所在地

〒123-0841
東京都足立区西新井3-5-1-310

電話:03-6807-1958 FAX:03-6807-1958